no-image

海外旅行からの帰国時に飛行機に乗り遅れてしまった場合の対処法

大学の友人との卒業旅行でそのトラブルは起きました。
仲良し4人組で行った海外旅行。

8日間でドイツ、スイス、フランスを巡る旅は本当に楽しく素晴らしいものでした。
そして帰国の日フランスの空港で私たちはトイレに立ち寄りました。

手荷物検査の時間はギリギリでしたが、特に気にせずメイクを直し検査場に向かうと航空券を見た検査官に止められてしまいました。

拙い英語でやり取りするともう時間が過ぎている。あなた達は飛行機に乗れないと言われてしまいました。

トラブルの解決法はクレジット限度額解除

もうみんな頭は真っ白。
とりあえず元いたトイレに戻り全員で泣きました。

落ち着いた頃一人がやっぱりおかしい!私たちが乗ってないのに飛行機が出発するなんてトラブル、日本ではあり得ない!と怒り出しました。

そこで、手続きカウンターに向かい断固として抗議。なんとか次の便で日本に帰れないか交渉しました。

しかし結果はダメでした。

乗り遅れた私たちが悪いとのことで全く取り合ってもらえませんでした。

それを聞いて一人がまた泣き出すと不憫に思ったのかカウンターのお姉さんが日本行きの便は沢山あるからとりあえずチケットを買って帰ればいい。その後ツアー会社に請求なり何なりすればいいと教えてくれました。

ただ、フランスから日本への直行便の当日チケット、それも大人4人分です。

そんな待ち合わせは全員ありませんでした。

そこで思い付いたのがクレジットカードの限度額の一時的な解除でした。

飛行機は待ってくれない。時間を守って行動すること!

当たり前ですが、飛行機は時間通りに運行しています。それは日本だろうとフランスだろうと同じ。

私たちは旅行ハイになっていたのだと今では反省しています。
ツアー会社からも時間は守るよう言われていたはずですし航空券には手荷物検査場の通過時間の指定ももちろんありました。

ツアーだからといって置いていかれるはずがないと思ってはいけません。

これが国内ならまだしも海外で乗り遅れると私たちのように高額な航空券の購入が必要になります。

ちなみに帰国後にツアー会社に問い合わせましたが、こちらの非が大きすぎたので自腹のチケット代は返ってきませんでした。

時間はしっかり守りましょう。
そして貴方にとって海外旅行が素敵な思い出になりますように。