no-image

海外では日本語は通じない!翻訳アプリで意思疎通できるようにしておこう

初めて友人と海外旅行へ行った時のことですが、旅行先で街をぶらぶら歩いていた時にふと美術館があったので入ってみることになりました。トラブルが起こったのは、この時です。中に入ろうとすると現地の人が止めるのですが言葉が通じずコミュニケーションができませんでした。そのまま成り行きで案内されるがままついていくと館内見学ツアーに参加することに。こちらとしては高い参加費を払ってまでツアーに加わるつもりはありませんでしたし、理解できない現地語で話されても仕方なかったのです。

トラブル解決のために翻訳アプリを使った

結局その時はお断りして館内に入らずに外に出ました。そのとき頼りになったのがグーグル翻訳のスマホアプリでした。いざというときにあらかじめインストールしておいたのが功を奏しました。文字を打って相手に見せることでなんとか意思疎通を試みました。音声入力を使えばわざわざスマホのキーパッドの設定を変えずに入力できて、しかもテンポよくコミュニケーションできました。その結果なんとか向こうにこちらに参加の意思がないことは伝わったのですが、それでも難癖をつけられてなかなか帰してくれませんでした。最終的には半ば強引に案内した人を無視して逃げました。理不尽なキャッチに関するトラブルの解決にはやはり逃げることが一番です。

海外旅行には下調べと翻訳アプリを準備する

まず今回のトラブルが起きた理由は下調べが不足していたためです。あとから分かったのですがその美術館では、ツアーに参加すれば入り口で並ばなくて済むというシステムだったので、それを知っていれば並ぶのでツアーは不要ですと断って何事もなく見学できたはずです。口コミでは、同じように何もわからずツアーに参加させられそうになったというものが多く、下調べの重要性を感じました。
また翻訳アプリもトラブル予防に役立ちます。今回もコミュニケーションを図ることですんでのところで回避できました。グーグル翻訳なら音声入力ができるため、スマホのキーボードの設定を変えずに済み便利です。また、事前にデータをダウンロードしておけばネット環境がなくても使えるのが強みです。

海外旅行にはポケットWiFiも必須!

翻訳アプリを使うにはネット環境が必要な場合が多いです。現地でWiFiを借りる事もできるのですが海外へ行く時は前もって日本で海外でも使えるポケットWiFiをレンタルしておくほうがいいです。

なぜかと言うと現地では言葉が通じず、気が動転してしまう可能性があるからです。カフェやレストランでもフリーWiFiが設置されている事も多いですが、速度の問題やセキュリティの問題があり、できるだけ使用しないほうがいいと思います。日本でレンタルポケットWiFiを借りれば安全性も高く安心です。

以前、ベトナムへ旅行に行った際にこんなサイトを見つけました。ベトナムのダナンではWiFiは必要なのかという事について詳しく書かれていました。このように国や地域毎にまとめられているサイトが多いようなので、あらかじめ検索しておく事をおすすめします。