no-image

海外でのタクシー乗車はぼったくりに気をつけて!被害に遭わない為の対処法

海外旅行へ行った時に、初めてタクシーを利用した時にトラブル発生です。日本のタクシーと同じような感覚で、言葉のやり取りが困難かな程度で、後は行き先を紙に書いて伝えればなんとかなると思っていたのですが、現地には到着しましたが、タクシー料金がめちゃくちゃ高かったのです。理由は簡単でタクシーのメーターが下りてなかったのです。タクシー運転手は私が言葉でのやり取りが出来ないということで、メーターを下さずに、運賃を言い値で言ってきたのです。メーターが下りてないので正確な値段はもうわからないのです。メーターを下すように指示しなかったのがミスです。

相場のこの値段しか払わないと言い張りトラブル解消!

タクシーの運賃におけるおおよその相場はタクシーに乗る前にチェックはしていたのです。もしチェックしてなければ、タクシー運転手の言いなりだったと思います。海外でのタクシー運転手はメーターをわざと下さないようなことをしてきます。特に言葉が話せなくて、旅行者だとわかるとそうしてきます。運賃の相場を理解していないとこういうトラブルに遭います。どのくらいの距離ならどれくらいの運賃なのかを下調べが必要です。そうしておけば、メーターの付いてないようなタクシーであってもボッタくりに遭わないです。私もトラブルに遭った時は、相場を言い張り、タクシーをすぐに降りたのです。とにかくこれしか払わないと言い張ることです。メーターを下してない時点で詐欺狙いなので、そこは強気で言い張るのです。

運賃の相場とタクシーに乗る前にだいたいの運賃を聞くこと

まず、運賃の相場を知っていれば、ボッタくりのトラブルに遭うことをギリギリ避けられます。相手も騙すつもりでやっているので、強気で、相場の運賃はこうなのだと知っていると伝えれば、騙せないなと引き下がります。相場が分からない時には、行き先までの運賃がいくらなのかしっかりと交渉することです。ここでも高めに言ってくる運転手がいますから、何台かのタクシーで交渉をするのが良いです。手間はかかりますが、現地の2倍3倍もの運賃を支払うよりかはマシです。提示してきた運賃の一番安いタクシーを選択し、その上で、値段をもう少し安くなるように交渉もします。ここまでして決まった運賃なら後になってトラブルになることはないです。そこまでしてくる客だと運転手も騙せないと思うからです。ただし、出来れば事前に運賃の相場は下調べしておくのが理想です。